『藍氏家規』風漢字練習帳
5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a 5f03fcf9ea3c9d470c89d96a

『藍氏家規』風漢字練習帳

¥1,980 税込

送料についてはこちら

  • 行書

  • 痩金体

  • 楷体

  • 簪花小楷

小説原作「魔道祖師」と実写ドラマ「陳情令」に登場した『藍氏家規』を漢字練習帳にした商品です。 内容(中国簡体字) 『藍氏家規』 『雅正集』 『何以歌』 『与羡書』 『念湛書』 『与澄書』 『与湛書』 【楷体】 活字の楷書体 【行書】 楷書が一画一画をきちんと書いているのに対し、行書体ではいくらかの続け書きが見られる。しかし、草書のように、楷書と大幅に字形が異なるということはないために、楷書を知っていれば読むことは可能である。 【簪花小楷】 晋の書家衛夫人の字をもとにしたフォントです。書風は〈美女が台に登り,仙娥が影を弄(もてあそ)ぶ〉ようだと評される。書聖と仰がれる王羲之は幼少のとき衛夫人に師事したと伝えられる。 【痩金体】 痩金体(そうきんたい)は、楷書の書風の一つ。北宋の徽宗が考案したもので、痩金書とも謂う。名前のごとく、細く力強い硬い線でかかれ、金属的な印象(もっとも「金」は「筋」に通じることからの当て字)がある。当時、大いに人気を博し、徽宗も「痩金」と号した。